null

null

null

#3

null

null

null

null

null

企業人事部のみなさまへ

”人生100年時代”に向けて、
これから企業は個人とどのように向き合っていけば
良いのでしょうか?

企業は今までの終身雇用の時代、人財の社内内製化に投資してきました

今までの終身雇用の時代は、企業は先行投資して、採用活動で優秀な人材を見つけ、教育・研修で能力・知識・実行力を養わせ、人事施策(登用評価等)でモベーションを高め、人財を社内で内製し確保してきました。

人財が企業の資産となり、収益をもたらすというシステムです。

従来の終身雇用モデルから、退職・離職が当たり前の時代がすでに到来しています。

これまでの終身雇用の時代の働き方は、
「卒業後20代半ばまでは教育をうける」→「20代半ば〜定年までは定職に就く」→「定年後〜引退して余生を過ごす」という、
3つの終身雇用ステージモデルでした。

高齢化社会が到来する ”人生100年時代”では、個々の状況に応じてそれぞれのタイミングで新しい3つのステージ、

  • 「自分の生き方に関して考える時期。知識やスキルの再取得」
  • 「組織に雇用されずに、フリーランスで仕事をする」
  • 「異なる活動を同時並行で行う(週3勤務、週1奉仕活動、週1NPO活動など)」

を往来する働き方になっていくと考えられます。

これからの”人生100年時代”に向けて、個人の働き方は、一人ひとりが自らを見つめ直し、自分らしく、そして環境の変化にも対応出来るキャリアを、自らの意思と行動で作りあげて行くことが求められます。

”人生100年時代”に向けて、
これから企業はどのような取り組みを行っていけば良いのでしょうか?

企業は、「積極的に選ばれる施策」を提供することでエンゲージメント、生産性を高めることができます。

・「安定雇用」から「成長機会の提供」や「自立支援」へ

・適材適所の人事配置・評価報酬システム

・キャリア自律への強力な支援

・柔軟な人事制度、人材活用

・ダイバーシティー、インクルージョン、オープン・イノベーション

・副業(複業)、社内外での兼業などの制度拡充

・自社の魅力の見える化

”人生100年時代”の働き方
個人、企業それぞれどのような課題があるのでしょうか?

個人の働き方の課題

  • 働く時間が長くなる
  • 自律的なキャリア意識
  • 経験・成長できる環境優先
  • 働くだけでなく学ぶことが重要

自律的キャリア意識をもって、学び、
経験をもった個人は長い人生の各ステージにあわせ、
職場を選択していく。

企業人事の課題

  • 企業寿命短く、囲い込みも不可能
  • キャリアの自律を支援
  • 成長、活躍できる制度拡充
  • 社外での教育・経験も活用

人財への投資をゼロにしない、退社後もwin-winを目指せる、

企業も個人も「離職」を前提にした新しい関係作りが必要

”人生100年時代”の働き方
個人、企業それぞれ課題を解決する方法はあるのでしょうか?

企業と個人の新たな関係を構築する

アルムナイ(※)ネットワークを構築することで課題を解決する

※アルムナイ(ALUMNI)とは?

元々の意味は「卒業生」「同窓生」。雇用契約が切れた後も良好であり続ける企業と個人の新しい関係。

退職後も続く関係を構築する

離職後、連絡先すらわからぬまま、ご縁がなくなっていた退職者と、アルムナイネットワークで繋がる事で、働き方改革で変わっていく多様な就業形態を活用して双方がwin-winの関係をいつでも探る事が可能になります。企業は、人財への投資をゼロにする事なく、これからの事業を実行、サポートする優良な人財リソースとして活用できます。

現役社員だけでなく、アルムナイネットワークの人財も資産に

〜人材のROA(総資産利益率)を最大化〜

事業を実行、
サポートする社外の人財リソース

さまざまな働き方、協業の相談が可能

  • プロジェクト型の業務
  • 副業(複業)、兼業、出向など

■ビジネスで

  • 情報交換、業務委託、協業など相談
  • 売買やスキルシェアなどのビジネスマッチング
  • 新規ビジネス情報共有

■採用・人事制度

  • 「知恵」「人脈」を活用
  • 出戻り社員として中途採用
  • 現役社員のセカンドキャリア創出

※ 出向、転籍等
■企業ブランド向上

  • 人財輩出企業をPR

■OBOGとの繋がり

  • 社友会との融合

退職者にとってもアルムナイネットワークは魅力があります

【人生100年時代、個人が必要とするもの】

  • 教育
    専門技能を高め、世界中の競合との差別化
  • 多様な生き方
    70才超まで働くことを想定し、独立した立場での職業を考える
  • 無形資産
    お金だけでなく、経験や人的ネットワーク

※「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(人材力研究会)平成30年3月 経済産業省 中小企業庁 より要約

【個人にとって「魅力ある企業」とは?】

~在籍時~

 

業務知識、専門技能など様々な教育が受けられ、社内外に活躍の場を与えられ、多くを経験する事が可能。

~退社後も~

 

好関係を維持できる人財輩出企業。公認アルムナイネットワークで、会社とも元同僚とも、旧交を温め、業務に活用できる。

エンカタリストが取り組んでいくもの
企業と個人の新しい関係=アルムナイ作り

これまでの考え方

今後はオープンイノベーション的発想へ

アルムナイ(ALUMNI)

元々の意味は「卒業生」「同窓生」。雇用契約が切れた後も良好であり続ける企業と個人の新しい関係。
※社友会
企業同窓会。日本には、社歴100年を超える企業が3.3万社あり、上場企業3,600社と合わせ多くの社友会が存在、伝統ある会。

エンカタリストの提供サービス

クローズドSNSプラットフォーム提供

アルムナイの組織作り、社友会の運営が行えるプラットフォームを提供

  • 企業人事部
    • 再雇用が可能
    • EXITマネージメント
    • OBOG組織、社友会運営
    • 人材輩出PRで採用
  • ビジネスシーン
    • 経験やノウハウ提供
    • 人脈利用
  • 会員
    • 旧交を温められる
    • 導入企業との繋がり
    • 人脈をビジネスに活用
  • 事務局
    • 運営の効率化

プラットフォームの特長

  • クローズドな環境と開示情報制御
  • 会員のコミュニケーションを活性化
  • 運営事務局業務もサポート
  • 容易に導入が可能

会員向け各種サービス提供

会員向けに福利厚生、人材などのサービスを提供

  • 福利厚生・レジャー
  • 相続・終活
  • 人材・社会貢献
  • 医療情報

アルムナイ・プラットフォーム

エンカタリストが提供するアルムナイの組織作り、活発な運用に必要な、
クローズドな環境と、コミュニケーション機能を備えたプラットフォームです。

クローズドなSNS

    • 貴社にて承認された会員のみが参加可能
    • クローズドなSNS形式を採用
      ※ 一般公開されているSNS等とは違います
    • 情報は会員のみが閲覧可能
    • ビジネスへの利用が容易
    • 会員間の親睦・ロイヤリティー維持で企業のブランド価値向上へ貢献

豊富なコミュニケーション

  • 企業と会員、また会員間のコミュニケーションを活性化
  • 同期会、部門会、サークルなどグループごとにコミュニケーションも可能
  • 個人宛メッセージやりとり可能
  • 公開する個人情報範囲は各自で設定

導入までの流れ

Our Mission

私たちの使命

企業と退職者が、雇用関係解消後も、
継続して価値のある関係を築いていきます。

企業と退職者が、
雇用関係解消後も、
継続して価値のある関係を
築いていきます。

Our Services

サービス

サービス1

サービス2

サービス3

サービス4

About us

会社概要
会社名株式会社エンカタリスト
Encatalyst,Inc
住所【本社所在地】
〒105-0003
東京都港区西新橋2-4-3 プロス西新橋ビル6F
【事業所所在地】
〒104-0033
東京都中央区新川1丁目3−21
代表者名槌谷英一郎
設立日2018年6月1日
事業内容企業同窓会システム提供、同窓会会員向けサービス

Contact Us

お問い合わせフォーム

インフォメーション

最新の情報を発信します

アルムナイ(ALUMNI)とは 元々の意味は「卒業生」「同窓生」。雇用契約が切れた後も 良......

Access